愛媛 県 地震。 愛媛県南予の地震 2021年6月19日7時39分頃発生

この地震による津波はありませんでした。

報道発表• 1946年 南海地震 地震の概要 1946年12月21日午前4時19分、南海トラフの紀伊半島沖から四国沖までを震源域とするマグニチュード8. 3,471• 南海トラフ沿いで発生する大地震を対象に、長期評価の結果と津波予測の手順をもとに、公表時から30年以内に長期評価で想定される大地震が発生し、海岸の津波高がある高さ以上になる確率を評価した報告書です。

和歌山県や大阪府、それに四国や中国地方の各地で震度6程度の激しい揺れに襲われたとみられています。

被害については、1995年より前の地震は宇佐美ほか(2013)、以降の地震は総務省消防庁ホームページによる。

5度 で、震源の深さは約40km、地震の規模 マグニチュード は4. この地震による県内の死者は2人とされていますが、さらに多かったとする説もあります。

愛媛県の海溝型地震(30年以内の発生確率) 出典:白地図に筆者が加工 愛媛県では、 南海トラフと 安芸灘~伊予灘~豊後水道、 日向灘のエリアが要注意となります。

7と推定されます。

その他、1909年の 宮崎県西部(マグニチュード7. 一回り小さな地震においても、1984年の地震(マグニチュード7. 4)が発生。