京 大 上久保 教授 コロナ。 緊急事態宣言の延長は「全くの愚策」京大・宮沢孝幸准教授が感染傾向を指摘「3月に下がる」:中日スポーツ・東京中日スポーツ

自分が抗体を持っていなかったら?と思うと怖い• さらに、国の緊急事態宣言が出た後は、都市も地方も含めて皆さんが協力的に接触を削減してくれた成果もはっきり出ました」と振り返った。

S型は、感染しても無症状から軽症です。 日本の場合、すでに発症して入院中の患者を基準にカットオフ値を決めたため、数値が高くなった。 山中教授は、日本やアジア諸国で新型コロナウイルスによる感染者や死者が少ない要因を「ファクターX」と呼んできた()。 4月15日の記者意見交換会で、対策を全く取らない場合、日本国内では約85万人が人工呼吸器や集中治療室での治療を要する重篤患者となり、重篤患者の49%が死亡したとする中国のデータなどに基づけば、うち約42万人が死亡するとの試算を公表した上で、人と人の接触を8割減らせば、約1か月で流行を抑え込めるとした。 「 コロナで医療崩壊の危機が迫る緊急事態になっており、 これを回避するには、 感染リスクの高い飲酒飲食を自粛することが必要だ。 その自粛をより強力に進めるには、緊急事態宣言が効果的。
64

上久保靖彦氏は、緊急事態発動前からこの自説を話していました。

上久保さんは「抗体が減少するからこそ、ウイルスとの共存が必要」と指摘する。

3・・S型から変異したK型(Kakeru)は、無症候性~軽症のウイルス。

1人が3週間で2. 「武漢G型、欧米G型は日本にも入ってきましたが、すでに日本人はS型とK型で集団免疫ができていました。

13:「S型への抗体によるADE」と 「K型への細胞性免疫による感染予防が起こらなかったこと」 この組み合わせによって、 欧米諸国ではG型感染の重症化が起こり、致死率が上がった。

- 宮崎医科大学医学部医学科卒業• 東京都医師会や治療にあたる現場が恐れているのは、その最悪の事態なのです」 そうなると、人工肺を先につけた者勝ち。

武漢G型の集団免疫に必要な罹患率は80. 「私たちの試算では、いまのところ日本人は、S型50%、K型55%、武漢G型80%、欧米G型85%で集団免疫が成立し、このままいけば、11月にはほぼ100%の日本人が免疫を持つはずです。

クラスターが確認されれば、対策を講じて連鎖を抑えれば、早い時期に収束させられるはずだ。

2の感染症により2ヶ月という短期間に国民の半数以上が感染することは不可能です。

また、「換気や、三密など根拠がない非科学的な対応ではなく、しっかり根拠に基づいた対応をするべきだ」とも。

かなりの確率で収束に向かわせられるチャンスはある。

インフルエンザに対する干渉は弱い。

20-37、2009年• 今の時点では、クラスター対策班の研究員というのも自転車操業で今、昼夜問わずに分析に対応していて、政策の意思決定に対応することで手がいっぱいの状態です。

「第1回 記者意見交換会」2020年4月15日開催• 2020年6月23日閲覧。

もはや「新しい日常」は必要ないのかもしれない。

11