ゴルフ 右 肘 の 使い方。 ゴルフは右肘を使いこなすことが重要|ゴルフ肘になってしまったときは

少しずつ、お試しあれ・・・^^ 次の記事は、です ゴルフ肘に現在はなってなくても徐々になってくる可能性は、極めて高いと思っておきましょう
これでゴルフが上達する? 突然ですが、車の運転席に乗って、 両肘を伸ばしてハンドルを握りましょう アドレスで肘が横を向いていれば、肘を自由に動かすことができ、腕の自由度も高くなります
パッティングとの相性についても触れていますので、ぜひご確認してみてくださいね ターゲット方向に向いていると、フォロースルーにかけて 腕をうまくたためないので、スイングがつっかえてしまうような形になってしまいます
その理由は、左肘をたたまないとアームローテーションができないからです 右打ちの人は、もともと右利きの人がほとんどなので、スイング中に自然と右腕を使ってしまいます
右ヒジの曲げ伸ばしが正しくできず、ダウンスイングで右ヒジが浮いて右手首が伸びてしまうところが矯正点と考えていいでしょう 車をお持ちでない方は、丸いお盆でOKです
アウトサイドインの軌道でスイングすることになりスライスになりやすい など弊害が出ます また肘を伸ばして使うと、パッティングをイントゥイン軌道で打ちやすくなります
今回のキーワードは 「右肘は、縦に曲げる(折る)」です スイングを安定化させるには、右肘の使い方が重要です
加えて、その時に もう一つ考えて欲しいのが 左手のリストをどのように動かすかという点である このレッスン内容だけだとイメージできないかと思いますので、具体的にご紹介していきます
80