応仁 の 乱 簡単 に。 【応仁の乱」その後も含めて簡単にわかりやすくまとめた7つのポイント

(『応仁の乱』はじめに より抜粋) つまり、今の文化や価値観は「応仁の乱」以降につくられたものであり、それ以前はほとんど関係ないということです。 政所執事、侍所開闔 かいこう 、右筆方 ゆうひつかた など幕府の諸機構は、事実上、細川氏の行政機関化するに至る。 各勢力の動向 [ ] 東軍は将軍義政や後土御門天皇・後花園法皇を保護下に置き、将軍牙旗や治罰を駆使しての体裁を整え、西軍はの立場に置かれていた。 十二代より後は守護大名の操り人形であったという見方もあり、言いかえれば力のある者とうまく共存できていたのかもしれません。 ただこの一件が後にを勃発させる遠因となった。 本願寺派と敵対すると結んだ西軍のと戦い、翌文明6年に幸千代を破っている。 被害は応仁の乱以上とされている。 それまで領地内に点在しバラバラに耕作を行っていた農民たちが、災害や飢饉、戦乱のときなどに、互いに助け合い団結し、惣村(そうそん)と呼ばれるグループを形成して自立するようになっていったのです。 「例」は「時」に改めるべきだ。
13