確定 申告 社会 保険 料 控除 書き方。 社会保険料控除欄の書き方を紹介! もれなく申告しよう

基本を抑えて節税につなげましょう 社会保険料控除の基礎知識 所得控除制度のひとつ、保険料控除 この記事のタイトルは「今更聞けない社会保険料」ですから、基礎からみっちりご紹介していきますので、安心してください笑
記入する行が足りない場合は、文字を小さく書くか用紙を追加してください 住宅借入金等特別控除 住宅ローン控除 などの場合は控除額の明細書なども必要です
国民健康保険…上記以外の人が対象 自分がどの健康保険に加入しているのかは、保険証を見れば確認することができます ただし、社会保険料控除の場合、国民年金の払い込みを証明できる書類以外の添付は必要ありません
また、国民年金保険料や厚生年金保険料を納めていれば老後に年金が支給され、退職した場合には雇用保険の加入条件に基づいて失業給付が得られます こちらも保険会社から届く証明書などをもとに、「介護医療保険料」欄へ記入してください
なお、 年末調整で国民年金や国民年金基金の控除を受けている場合は添付書類は不要となります 【年間の国民健康保険分を社会保険料控除として申告した場合】 給与所得控除後の給与等の金額237万円の算出までは同じであるため省略します
手順2:扶養控除などの情報を記入 源泉徴収票の青色の部分です 確定申告書第二表の記入例 モデルケースの場合、国民健康保険については下記の通りに記入します
個人事業主の場合は、取引先から支払調書として、源泉徴収票に近いものが送付されることがあるため大切に保管しておきましょう 最初の質問画面でマイナンバーカード方式を選択• すでに退職済みの会社であっても、基本的に再発行を断られることはありません
年末調整と確定申告とで、設定されている期限が異なるので注意しましょう ただし、源泉徴収票の社会保険料等の金額に、内書きで小規模企業共済等掛金の額が記載されている場合は、内書きの金額を除いた金額を「(9)社会保険料控除」に記入し、小規模企業共済等掛金の額を「(10)小規模企業共済等掛金控除」の欄に「源泉徴収票のとおり」として記入します
厚生年金基金の掛け金• 個人事業主の場合は、確定申告の際に、それぞれ手続きを行う必要があります なお、確定申告書の書式にはAとBの2種類があり、ここまで確定申告書Aの図例をお見せしてきましたが、社会保険料控除の書き方については確定申告書Bも確定申告書Aと全く同じです
40
年末調整では、期限である翌年1月31日の前に提出すれば控除が受けられます この際、申告書を提出する人だけでなく、控除対象となる配偶者や親族がいる場合には、その人達のマイナンバーも必要になるので注意してください
「収入金額等」の記入欄……前年の収入を書く( 必須)• 令和元年雑損控除適用前の源泉徴収票記載例 (出典:国税庁 資料より) 次の3つのポイントについてまずは押さえておきましょう 確定申告ではマイナンバーを忘れずに 確定申告の際、平成28年度分以降はマイナンバーの記入が必要になりました
生命保険料控除……支払った保険料を元に控除額を計算• 手順2:社会保険料控除の転記 ほとんどの場合はお給料から社会保険料が天引きされているため、その金額を確定申告書にも記入します もしくは、申告書提出の際に提示するという方法でも可能です
一時所得に関する事項• 厚生年金基金• そのため転職活動などで会社を辞め、年の途中で新しい会社に入社したとします ふるさと納税の申告で用意する必要書類はコレ 確定申告書をスムーズに作成するためには、まず必要なものをすべてそろえることからスタートします
確定申告の際に、費用を支払った証明として添付が必要になります 介護保険 ・65歳以上の住民 ・40歳以上65歳未満の医療保険加入者 市区町村 要介護・要支援 3. さらに、ワンストップ特例申請書の提出期限は確定申告期間とは別で、ふるさと納税をした翌年の1月10日までなので注意が必要です
社会保険料控除の書き方はこれでばっちり!. 「保険料等の種類」……国民年金• 確定申告をする時に必要になってきます 確定申告書には「」と「」とがあり、使用できる人が異なります
マイナポータルAPをインストールする(・)• まず自分が社会保険料控除の対象者かどうかを確認しましょう 社会保険料控除計算をマスターして、年末調整や確定申告をスムーズに 社会保険料控除は、給与所得者の場合基本的に給与から天引きされているため申告の必要はなく、給与所得者で給与天引き以外に支払った社会保険料を年末調整で、個人事業主は確定申告書に必要事項を記入して申告しますが、書類に沿って記入すれば複雑な計算も必要ありません 第一表 : 所得から差し引かれる金額• 所得金額• 介護保険料• たとえば自分なら「本人」と記入
28
また、生命保険料控除は「契約者」ではなく「支払者」が控除の対象者です。 年末調整などで控除を受けている人はこの欄は空欄でOKです。 標準報酬月額は保険組合や都道府県、時期、被保険者か任意継続被保険者かなど条件により異なります。 用紙右下に「社会保険料控除」の欄がありますので、そこへ控除対象となる社会保険料控除の内容を記入しましょう。 今年自分が支払った社会保険料がある場合には、漏れなく記入してください。